凍  傷

  素因が関係する「しもやけ」すなわち凍瘡(とうそう)とは異なり全ての人に起こる寒冷障害です。氷点以下の温度で生体の組織が凍結して、皮膚ならびに深部組織が傷害されます。凍傷に最もかかりやすい部位は手、足、顔面、耳などです。冬山、スキーなどで起きる場合のほか、LPガス、炭酸ガス、液体窒素などのガス類に接触して起こる場合もあります。

症状
 凍傷を受けた部位は蒼白で、感覚はありません。受傷部を復温すると、まず知覚が回復してきます。それに伴って刺すような痛みや灼熱感を感じるようになります。その後充血し、はれてきます。
傷害される深度により下表のように分類されます。

第1度 表皮の凍傷(紅斑性凍傷) 発赤、腫脹、痒み感、加熱後灼熱感、多くは数日以内に治癒。
第2度 真皮に及ぶ凍傷(水疱性凍傷) 紫紅色、浮腫、水疱、加温後充血、多くは3週間ほどで治癒。
第3度 皮下組織までの凍傷(壊死性凍傷) 暗黒色、壊死、潰瘍、感覚脱出、上皮化は期待できない。皮膚移植が必要。
第4度 骨、筋までの凍傷 より深く広範な壊死、後にミイラ化して分異線に沿って脱落。切断術が必要。

予防
 凍傷は、冬山などの寒冷地で、抹消の血管への血流が悪くなるために起こります。顔や手は、寒さを覚えたときに擦って血行を回復することにより凍傷を予防することができますが、問題は足趾です。ときどき靴紐を緩めたり、靴の中で意識的に足趾を動かすなどして、血行を回復させなければいけません。
凍傷の初期は、患部が白くなって、疼くような痛みを覚えます。この段階で、ぬるま湯につけたり、体温が戻るまで入念にマッサージするなどの処置を施せばほとんど大事に至ることはありません。

治療
 凍傷の部分を、40〜42度の温湯で15〜30分ほど温めます。水疱のできる第2度以上の凍傷を負ってしまった時には、皮膚科を受診してください。

低体温症(凍冱死)

●発生原因
 屋外、特に極端に寒い場所で起こることが多く、山岳遭難、吹雪遭難、海難、水難などが代表的です。また泥酔した人にもみられ、寒い時期にひどく酔っぱらって、外でそのまま寝てしまった場合などでも起こります。近年は、防寒具の発達により登山・スポーツによるものは減少し、泥酔者の率が多くなっています。お年寄りや小さい子供(乳幼児)では、体温の調節機構がうまく働かないので屋内でも起こります。

●発症に関連する要素
 低体温症の発症には温度は重要な要素の一つですが、それだけではなく湿度、風の強さ、高度、寒冷にさらされていた時間などが関係しています。湿度は外気の湿度よりも衣服が濡れているかどうかが問題となります。濡れていた場合、これが乾くときに熱を奪います(気化熱)。基礎体カ、疲労の程度、栄養状態、防寒対策なども関係してきます。
温度+風力により冷凍力が規定されます。
凍力【無風時相当温度】=外気温+[(外気温−36)÷10]×風速〔m/sec〕

●体温低下に対するからだの変化
 体温が一定に保持されるのは、産生される熱量と放散される熱量が平衡を保っているからです。体熱は約60%が骨格筋、約20%が肝臓、残りの20%がその他の物質代謝によって産生されています。一方、熱の放散の95%は皮膚から行われており、皮膚の血管を介しての放射・伝導・対流が約75%、および発汗により約20%が失われています。体温が低下すると、生体の自然な反応として、体内の熱を作りだそうとする熱産生の反応と、熱を失う熱喪失を避けようとする反応が起こります。熱産生のためには悪寒、戦標(ぶるぶる震えること)が起こり、そして熱喪失を避けるためには皮膚表面の血管が収縮し細くなります。熱産生と放熱のバランスが何とか保たれている時は良いのですが、そのバランスが崩れ、熱の喪失が産生を上回る状態が長く続くようになると戦慄は起こらなくなり疲労とともに倦怠感、眠気が出てきます。しだいに意識がもうろうとなり、それとともに脈拍・呼吸がゆっくりになり、凍冱死(凍死)にいたります。

●症状
 体温が下がると臓器の機能は抑制されます。その結果、さまざまな症状が出てきます。意識状態が悪くなり、筋力低下、けいれんを起こしたりします。30℃前後で意識障害が起こり、不整脈もみられるようになり、25℃前後で仮死状態となり、更に時間が経過すると死に至ります。